Contact us

Follow us:

【必読】ビジネスにおけるホームページの重要性をわかりやすく解説

12月6日, 2023年

本記事ではタイトルにもあるように、ホームページの重要性についてお話ししていいきたいと思います。
少し前までは、大手企業しかホームページを持っていないイメージでしたが、近年は、中小企業、個人問わず、必要不可欠な存在となってきています。
総務省による調査では企業がホームページを作る理由として、
第1位が「会社案内・人材募集」、第2位が「商品野菜物の紹介・宣伝」、第3位が「継続的な情報の提供」という結果です。
ホームページは、かつて企業が紙で作っていたパンフレットや名刺、求人広告などの役割を果たしてくれることが期待できます。

1.ホームページが必要な5つの理由

1)顧客からの信頼が得られる

私たち消費者は商品を買う前や、サービスを利用する前にはホームページをチェックします。
広告などで魅力的な商品を見つけた時、多くに人は販売元や商品の詳細、口コミを調べるのではないでしょうか?
その際に販売元のホームページがないとなると、顧客は不信感を持ってしまいます。
この時に、ホームページがなかったり、情報が少なかったりすると、不信感を持たれてしまいます。
また、就活生が面接前に企業のホームページを確認し、どういった企業かということを調べるのも当たり前になっています。
このように、企業のホームページはあらゆるシーンで活用されているのがわかります。
本来顧客になるはずだった層を失ってしまわないためにも、ホームページは必ず持っておくべきと言えるでしょう。

2)ネット上の名刺や看板になる

基本的に企業ホームページには、会社概要、サービス内容、問い合わせフォーム、などが掲載されています。
これらは、ネット上で企業の看板や名刺の役割を果たしてくれています。
普段の名刺交換だけでは伝えきれないことが、ホームページを通じて相手企業、顧客にアピールす流ことができるのです。

このように、デジタルが普及してきた現代においては、営業活動をする際にホームページの必要性が増しているのです。

3)集客ツールとして活用できる

サービスやモノを購入する際、多くの人がネット検索をします。
サービス内容や商品の詳細、口コミを調べるなど、現代の消費者は当たり前のようにおおなっています。
このことから、ホームページがあることによって、見込み顧客にもアプローチを仕掛けることができます。
新聞やCM、紙媒体と違い、ホームページの場合は運用を続ける限り24時間、365日、PRし続けられるのです。
これからは時代の波に乗り遅れないように、正しいホームページの運用をおこない、集客ツールとして育ていくことが重要になってきます。

4)コスト削減になる

ホームページを正しく運用すると、24時間365日稼働する営業マンになりえます。
というこは、人件費削減になるといことです。
また、これまではお客様からの問い合わがあった場合、電話やメールで応える場面がありますが、
そういった場合も、ホームページ内での「よくある質問」や「QA」などでまとめたり、写真や動画などで説明を添えていれば、電話よりもよりわかりやすく説明ができるというメリットがあります。
労力がかかりがちな問い合わせ対応を減らすことで、大幅なコスト削減になるでしょう。

5)求人募集の役割を果たす

求職活動をしている人は、インターネットを使用し、就職希望先がどういった起業家を検索します。
その際に、ホームページが見当たらなかったら、求職者は不安を感じ応募に繋がりません。
最近ではGooglに【Googleしごと検索(Google for Jobs)】という検索機能も追加されました。
このことにより、ホームページを持たない会社は、今後さらに採用活動が難しくなると予想されます。
採用活動において、ホームページは必要不可欠と言っても過言ではありません。

2.ホームページがない場合のデメリット

・ないこと自体がイメージを低下させる

商品を買ったりサービスを利用したりしようとした時に、ネット検索して情報を得るのが当たり前になっています。
そのため、検索した時にホームページがないと、本当に存在している企業・店舗なのかが分からず、お客様に不審に思われてしまします。

・問い合わ窓口が確保できない

問い合わせをしようとした場合、ホームページもなく問い合わせる窓口が電話だけでは、ハードルが高くなってしまします。
気軽に問い合わせができる、ホームページ内の問い合わせフォームの方がハードルが低く、気兼ねなく問い合わせができます。

・ホームページを持つ競合他社に勝てない

近年では、ホームページを持っている企業の方が多いでしょう。
その中で、ホームページがないというだけで競合他社から出遅れてしまいます。
ホームページが無くて情報を確認できない企業と、ホームページに詳しく記載している企業なら、消費者は後者を選ぶことでしょう。

・サービス・商品の継続的なPRができない

サービスや商品のPRの方法は様々あります。
雑誌広告、テレビCM、ダイレクトメール、チラシや、営業マンの訪問、電話セールスなどもPRの方法として挙げられますが、集客効果は一時的で、時間が経つにつれ効果が薄れてしまう傾向にあります。
それに対して、ホームページは継続して集客の効果が期待できます。

3.ホームページを持つデメリットはあるのか?

・コストがかかる

ホームページの制作、運営にはコストがかかります。
ページ数が多いほど、凝ったデザインにするほど制作費用は高くなるでしょう。
ホームページの運用には更新や保守も必要になり、別途費用が発生します。

・更新、保守管理が必要

ホームページは作って終わりではなく中長期的な目線で見なければなりません。
定期的に更新し、新しい情報を発信し情報発信をしなければ信頼性も損なわれてしまいます。
更新していくには時間や専門知識が必要になるので、ホームページの担当者を決めたり制作会社に外注する方法もいいでしょう。

・技術者が必要

ホームページを制作、運営するには少なからず専門知識が必要です。
例えば、せっかくホームページを開設しても検索エンジに上がってこなければ人の目には止まりません。
こういった時に、SEOの知識が必要になってきたりします。
また使いがってがいいサイトにするにはUI,UXの知識も必要になってきます。

まとめ

企業にとって、ホームページを持つことは顧客からの信頼を得るためや、知名度を上げ集客や売り上げをアップさせるためにも必要不可欠でしょう。
今後デジタル化がさらに進んでいくにつれて、企業がホームページを持たないデメリットはますます深刻化していくことが予想されます。
このことから、デメリットを鑑みても、ホームページは用意した方がいいといえます。

ホームページの新規開設、リニューアルをお考えの方は是非1度、ご相談ください。