Contact us

Follow us:

1.ホームページ制作費用が異なる要因 ホームページ作成費用は、様々な要因によって異なってきます。 大きく分けて下記の3つです。 ・依頼先 大手企業から中小企業、フリーランスと依頼先によって、制作費は大きく変わってきます。 大企業(大手) 100万円〜 中小企業 30万円〜 フリーランス 10万〜25万程度 ・ホームページの目的 次にホームページを制作する目的です。 名刺代わりの会社案にサイトであれば、SEOをそこまで気にしなくていいと思うので、そこまで高額にはならないでしょう。しかし、求人募集や集客を必要とするホームページであればデザイン性やSEO対策が重要になってきますので、専門知識と技術が必要です。 名刺代わりの会社案内サイト 15万円〜 集客を要するホームページ 25万円〜 商品を販売するECサイト 30万円〜 ・ホームページの規模 ホームページのの規模によっても作成費は大きく変わってきます。 構築するページ数が多くなればなるほど、費用も比例して高くなります。 例えば、名刺代わりの会社案内程度のホームページであれば、トップページ・会社概要・お知らせ・サービス紹介・お問い合わせなどの基本的なコンテンツだけの構成だと10ページ以内に収めることができコストも抑えることできるでしょう。 しかし、この情報に肉付けをし、採用情報、自社商品の説明など多くの情報を盛り込むのであれば、ページ数も増え費用も高くなってきます。 小規模サイト(10ページ以内) 30万円程度 中規模規模サイト(20ページ以内) 50万円〜 大規模サイト(50ページ以上) 100万円以上 2.ホームページ制作が高い理由 ホームページ制作が高いのはそれなりの理由があります。
現在、ノーコードツールで誰でもホームページが作れる時代にはなってきていますが、そういったツールはカスタマイズが思ったようにできなっかったり、 似たり寄ったりのホームページになったりしてきます。
デザインや使いやすさに重点を置いたり、独自のシステムを構築し使用するとなると、必ず専門知識が必要になってきます。
ここを専門知識にあるプロに任せることで、自分だけのホームページが完成するでしょう。 3.少しでも費用を抑えるために では、少しでも費用を抑えるにはどうしたらいいでしょうか? ・素材は自社で用意する ホームページ内で使用するテキスト、写真などはできる限り自社で用意しましょう。
どうしても用意できない写真などは、デザイナーに探してもい提案してもらうのもいいでしょう。
その場合は、基本的に追加コストが発生します。 ・必要最低限の規模でスタートする 必要不可欠なページだけ作成します。そうすることで、デザイン、コーティングなどの作業が減り、初期費用を抑えることができます。 ・数社から見積もりをとり価格、サービス内容を比較しましょう 制作会社によって、得意なデザイン、サービス内容や対応範囲が異なります。
自分が作りたいホームページ、受けたいサービス内容を提供してくれる制作会社に依頼することで、失敗も防げます。
最低でも3社から相見積もりをとることをおすすめします。 ・ホームページの維持費相場 公開ご発生する費用をまとめました。 ドメイン費用 年間1,000〜5,000円 レンタルサーバー費用 月額、数100円〜5,000円程度 SSL費用 レンタルサーバによって異なる 保守管理費用 5,000円〜数万円 修正、コンテンツ追加 5,000円〜 ・レンタルサーバー よくある例えで説明すると、ホームページは家で、レンタルサーバーはその家を建てる土地です。 ホームページを公開するためには、インターネット上に場所が必要になり、その為にレンタルサーバーが必要になります。 ・ドメイン ドメイン(domain)とは、インターネット上の住所のようなものです。ホームページのURLの一部のことを指しています。 インターネット上の住所といわれるように、ひとつとして同じものは存在しません。すでに誰かが利用しているドメインは取得することは不可能なので、利用したいドメインがあれば早めに取得することをおすすめします。 ・SSL インターネット上でやり取りする情報を暗号化して送受信するための仕組みのことです。 SSLを導入することで、第三者からの改ざんを防ぐ効果があります。 SSLを導入しなくても運営は行えますが、個人情報を扱うのであれば導入することをおすすめします。 ・保守管理 保守管理とは基本的のはバグの修正やセキュリティ対策、CMSのメンテナンスなどが含まれます。 この費用は制作会社によって大きく異なってきますので、依頼する前に確認しておきましょう。 ・修正、コンテンツ追加 基本的には制作会社ごとに月額費用が設定されており、修正回数やコンテンツ追加範囲などが設定されています。 しかし、大幅に修正や追加などは別途費用が発生することが多いです。保守管理費用同様、依頼前にこちらも確認しおきましょう。 ユーザーへの有益な情報の提供やSEOの面でも、ホームページの定期的な更新は必要なので、必要不可欠なコストになります。 まとめ 本記事では、ホームページ制作の相場を解説しまた。 ホームページ費用は、ホームページの目的、ボリュームや依頼先で大きく変わってきます。 自分が作りたいホームページがどのくらいの制作費なのか、または、どういったホームページを作るべきなのか、 まずは、お気軽にお見積もり依頼、ご相談ください。 高品質・低価格ホームページ制作は是非、グッドリダンスにお任せください! ...

「ホームページの制作会社って沢山あるけど、違いがわからない、どう選べばいいの?」こういった疑問をお持ちの方は多くいらっしゃるでしょう。現に、弊社にご相談、ご依頼いただいた方からも、上記のような質問をいただきます。この記事では、ホームページ制作会社を探す前に準備すべきことをご紹介していきます。 1.ホームページ公開後の目標 まず、ホームページの目標を明確にしましょう。例えば、販売促進、情報提供、ブランディングなど、なんの為にホームページが必要なのかを明確にします。目標がはっきりしていると、制作会社に伝える際に役立ちます。 2.予算の設定 利用可能な予算を確定しましょう。予算はホームページの規模、デザイン、機能、マーケティングなどに影響してきます。 ホームページの規模と複雑さで予算は大きく変化するでしょう。高度なテクニカルが必要であったり、自社のアプリ、システム開発が必要な場合は予算を多く取る必要があります。また、デザインやコンテンツの質を高めたい場合は、それに見合った予算を確保する必要があります。逆に、シンプルなWebサイトの制作であれば予算を節約できるかもしれません。 ホームページ制作の予算を決定する前に、上記でも述べたように目標を明確に設定することが必須です。何を達成したいのか、どのような成果を期待しているのかを明確にすることで予算を適切に設定するのに役立ちます。 3.参考事例の調査 各ホームページ制作会社の実績や参考事例を調査し、そのスタイルや品質を確認しましょう。これにより、自分の要求に合ったデザインと機能を提供できる会社を選ぶ手助けになります。 1)ウェブサイトとポートフォリオの閲覧 ホームページ制作会社のウェブサイトを訪問し、彼らのポートフォリを見てみましょう。 ポートフォリオには過去のプロジェクトやクライアントの事例が掲載されており、会社の実績やデザインスタイルを確認できます。さまざまなプロジェクトの事例を見て、会社のクオリティとサービスの幅広さを確認しましょう。 2)クライアントのフィードバック クライアントのフィードバックやレビューを調査しましょう。 ホームページ制作会社のウェブサイトや第三者のレビューサイトで、以前のクライアントの評価やコメントを確認しましょう。 クライアントの実際の経験から、会社の信頼性、コミュニケーション能力、品質などが評価できます。 4.要件と希望の明確化 自分のホームページに必要な要件や希望事項を具体的にリストアップしておきましょう。 ホームページ制作をスムーズに進めるために、要件と希望を具体的に明確化することが非常に重要です。以下は、要件と希望を明確化する際に考慮すべき詳細です。 1)デザイン     ・カラー:希望する色やブランドカラーを指定しましょう。 ・レイアウト:ホームページの全体的なレイアウトやデザインスタイルを考えおきましょう。 ・ロゴや画像:既存のロゴや特定の画像ファイルの使用を検討するか、新しいロゴや画像の作成が必要かを決定します。 2)機能要件  ・ページ構成:ホームページに含めるページの数とコンテンツを詳細を決めましょう。    ・インタラクティブ要素:コンタクトフォーム、画像ギャラリー、スライダー、検索機能など、必要なインタラクティブ要素を列挙します。 3)ユーザーエクスペリエンス(UX)   ユーザーフレンドリーなナビゲーションやサイト内の操作性に関する要求事項を明確にします。  例えば、モバイルデバイス(レスポンシブデザイン)に適したデザインが必要かどうかなどです。 4)コンテンツ要件  ・テキストコンテンツ:提供するテキストの量、スタイル、フォーマットについて指定します。 ・画像とメディア:使用する画像や動画の種類、品質、著作権に関する情報をまとめておきましょう。 ・ブログやニュースセクション:必要な場合、ブログ記事やニュース更新の頻度と内容、更新・修正は誰が担当するか決めておきましょう。 5)CMSの選択  ・コンテンツ管理システム(CMS)の選択:特定のCMS(WordPress、ショッピファイなど)を希望するか、CMSの選択に制作会社のアドバイスを求めるかを明確にします。  ・カスタマイズと拡張性:CMSでのカスタマイズや将来の拡張性に関する要望があればまとめておきましょう。 6)ターゲットオーディエンスと目的 ホームページの主なターゲットオーディエンスを定義し、それに基づいてコンテンツやデザインを決めておきましょう。ホームページを通じて達成したい具体的な目標や行動をリストアップし、制作会社と共有します。これらの詳細な要件と希望を明確に伝えることにより、ホームページ制作会社はプロジェクトに対して正確な提案ができます。またクライアントの期待に合ったサイトを制作するのに役立ちます。また、コミュニケーションも円滑にとれるでしょう。 5.会社の評判と信頼性 制作会社の評判や信頼性を調査しましょう。クライアントのレビューや評価、以前のクライアントとのコミュニケーションの質など、会社の信頼性を判断するためにもしっかりと確認しましょう。   6.提案の比較と契約条件の確認 複数のホームページ制作会社から提案を受け取りましょう。それらを比較検討してください。提案の内容や価格、納期、保守サービスについて注意深く評価し、契約条件を明確に確認しましょう。また、サポートやアフターケアについても確認し、将来的な問題に備えることが重要です。 まとめ これらの準備を行うことで、ホームページ制作会社を選ぶ際の失敗を最小限に抑え、成功する確率を高めることができます。  ...