なぜ検索順位が下がったのか?SEO対策のために知っておくべき、検索順位が下がる原因5選。

今回はSEO対策のためにも知っておくべき、検索順位が下がる原因を5つご紹介します。
順位が上がり続けていれば特にサイト内部の作業をする必要はありませんが、突然順位下落が起きたとなるとそうはいきません。
サイト運営者の方は、是非、参考にしてください。

順位が変わる原因

 

1.Googlは常にSEOに影響のあるアップデートを行なっている

Googleは頻繁にアップデートを行なっています。 順位が極端に落ちた場合は大きなアップデートが行われていないか確認しましょう。


2.競合サイトのSEOが強くなった

1〜5位にランクインしていたサイトの5割が下落していたら、アップデートの可能性が高いですが、自社サイトのみの下落であれば、競合のSEOが強くなった可能性が高いでしょう。


3.ガイドラインに違反している

Googleのペナルティには、サーチクオリティチームによる手動の対応によって課されるものと、アルゴリズムによって自動で課されるものの2種類が存在します。

 

違反例

  • キーワードの乱用
  • 隠しテキストと隠しリンク
  • オリジナルコンテンツの不足
  • 不自然リンクの問題
  • マルウェアとハッキングされたサイト  etc…

 

4.サイトで過激な施策をしていないか確認

 

  • 必要以上にキーワードを盛り込む
  • 文章が無駄に長い
  • 対象キーワードのみstrongタグで囲む

 

5.Googleの不具合の可能性も…

直近では2020年8月11日にインデックスシステムに問題が発生して、一時的に大きな順位変動が起こりました。

 

順位が下がってしまった時の対処法

    • 1.Googlアナリティクス 、サーチコンソールで原因を調べる
    • 2.定期的に更新をする
    • 3.ページの読み込み速度を調べる

    注意

    変更しすぎるのもよくありません。 改善したからといって、翌日に順位が上がるわけではありません。
    サイトを巡回するGooglのシステムは数日〜数週間かかり、反映まで時間がかかります。
    ホームページは愛情を持って気長に育てていきましょう!

Share:

Share on facebook
Share on twitter
Share on email

Related Posts